「新しい公共」をめぐる不毛と希望7/寺井→西本

西本さんへ

この交換メールも、そこそこ回を重ねてきて、僕の思い始めてることがいくつかあって。まず一つは、政治の状況とかそういう大きな議論って、つまらないし、もういいかなって。××だったから、こうならざるを得ない、みたいなことは言えるんだけど、だから自分はどうするのって言ったら、答えが出ない。

もう一つは、これはもう書いたけど、「新しい公共」の意義を、改めて見つめなおさないと、っていう。なんかこれ、このままでは意味あんまりないんじゃない、みたいな瞬間がある。最前線に立ってる人たちは、確信犯なのだろうなとも思ったりする。もちろん自分だって、そう思っても予算いただけたら嬉しいんだから、確信犯なわけだ。

プンプンしない人=クリーンでいい政治家ではないから、おっしゃるように、「どこに向かってプンプンするか」の問題だよね。政治家はとりあえず、集票のために動かざるを得ない。高齢者医療、福祉、道路港湾空港、農林漁業、今もおそらく、これ以外の分野に政治家は向かえないと思う、正直。個人的にいくら防衛に興味があろうと死刑廃止や拉致問題に興味があろうと今度の選挙の集票にならない。

そうそう。まさにそうでしょう。あとは地方活性、中小企業振興ぐらいは付け加わるかな。……けっきょくそこは、選挙が政治家を動かしてるわけで、理屈上そうなるのが当然だし。

そして、民主が今回つくった新しい公共分野はほとんど、既存のプンプン領域と一緒だよね。

だから自民じゃなくても当然、そうなる。その意味でまず、新しい公共は「新しい」わけではない。

そういえばさ、寺井さんと前に、「国も地方も財政破綻寸前だし、私ら世代ははっきり言ったら高齢者の医療費のために働いているような構造の下にいる。そんな構造の下で、一個人が純粋に「社会のために」「後世のために」と感じてやるべき、ほんとに意味のあるモデルって何だろね。」って話してたとき、寺井さんが「「オレオレ詐欺」だね」って即答したじゃない?「あれは最高だね、なぜって、若者が稼げて、富の再分配に成功してる。おまけにネットにやり方が出てて、誰でもすぐ真似できる。」

まさか昔のメールの本文が引用されるとは(笑)確かに言ったね。「新しい公共」って、そもそもすごく素敵なこと、美談であることが勝手にセットになってるけれど、根本的になんか違うなと思っていて。今まで解決できてない社会問題を新しいビジネスモデルで解決する、新しいリソースの集め方で事業をやる、そのことで日本全体にとって希望が生まれるような成果のある活動、そういうものが「新しい公共」に期待されてた大義だと思うんだよね。行革の流れと、人の役に立つ仕事をしたいっていうベンチャー精神がそこで交わったんだろうなと。

それで、新しいビジネスモデルもリソースの集め方も、美談ぽくなることが多いだけじゃない?美談のことをソーシャルビジネスって言うわけではない。そして、行政でも一般企業でもできない領域であることが多いから、新しい公共、公っぽいイメージで言われたんじゃないかって思うわけ。まとめるときに「公共」になっただけで、実はそうじゃないものでもいいのかも…って考えたらビジネスモデル、リソース集め方、成果、「オレオレ詐欺」のほうが凄いんじゃないかと思って。

今の若年世代に雇用がないって問題、再分配すべき貯蓄を高齢者から引き出せない問題、純然たる知識産業や情報産業がまだ足りないって問題、そういう問題を解決したい。そうしたら、簡単なモデルで初期投資がほとんどいらなくて、マニュアル化で横展開できて、若い世代にとって強みを発揮できる業務で、高齢者が顧客層になって、そしてバッチリ儲かる、そういうビジネスが必要になる。

「オレオレ詐欺」はたぶん、全部満たしてる。これってまさに「新しい公共」事業に求められていた実益じゃない?もちろん非合法、犯罪だから了とはできないし、そもそも高齢者に迷惑かけててサービスじゃないけど、成果だけ見てたらそうなってるんじゃないかと思って。逆に言うと、中高生から搾りあげてるドリランドとかと何が変わるのかとも思うし。あれ、「ソーシャルゲーム」ってカテゴリーだって言うの、もの凄くない?

それでオレオレ詐欺に話を戻すと、社会全体を俯瞰してみると、ある種の成果をあげてるじゃない?そうなのに、犯罪だから非合法だからって、ただ目を背けるのっておかしいなって。ヤクザの資金源だ、とか、そういうのって別の議論でさ。それで僕が思うのは、そもそも「新しい公共」という着目の仕方自体、違うかもって思って。

さて、これは、「行政によるサービスの提供に関する公私分担のルール決め」の話だね。
そして、「新しい公共」では今から参入する領域はそのおそらく99.9%の領域において「行政」が既になんらか関与している領域だということが、すっぽ抜けてる気がする。
寺井さんはどう思ってるかわからないけど、私らは「新しい公共」の拡大を必要と考える立場に対して、敢えて、(同じ立場で違う角度?から)挑戦する立場にいるのだと思う。

違うかもって言って、じゃあなんなんだ?って答えと、西本さんの「公私分担のルール決め」ってのは繋がってるかもしれない。そもそも僕は行革からの流れってところは、お金や正統性の作り方として大きいかもしれないけど、その枠組ってすごく狭すぎてマズイんじゃないかという疑念がある。僕が思ったのは、、そもそも今の「新しい公共」って、第三のセクター、行政でも民間企業でもないってこと、にほぼほぼなってる気がする。だからNPOやソーシャルビジネスっていうプレイヤーが圧倒的にイメージされるんでしょう。

でもそれが違うんだとしたら、、僕の感覚だけど、「インディペンデント」であることが重要なんじゃないかって思ったの。大きな組織やヒエラルキーのなかではできないこと、個人に近いところから社会的に必要な仕組みや活動を作り直すこと、そういうムーブメントやその主導者が必要なんじゃないかと思って。ものすごく乱雑に言うと、凄いスピードで、できるだけ勝手に、なるべく少人数で、自分のやり方で、自由に、独自にやる、みたいなこと。「ベンチャー」という要素かもしれない。

そうだとして、行政であるか、企業であるか、NPOであるか、セクタはーどこか、って議論は、無意味なのかもしれない。学者の分析のフレームとして便利でキレイだっただけかもしれない。「新しい公共」別にどうでもいいんじゃないか。新しい公共であることより、インディペンデントであることのほうが、重要な指標・カテゴリなんじゃないか。別にいろんなソーシャルビジネスやNPO活動があるのはいい、でも、いま行われてる「新しい公共」って、国の命運かけるみたいなところがあるじゃない!?その命運かけるなら、行政の肩代わり以上なにか、ができて然るべきだと思うんだけど。

東北で地震があって、もちろんそこには巨大な社会課題があるよ。でもその東北を、むかし田舎に道路を通したりダムを作ったのと、どこかで同じように復興させることになるなら、それは無意味ってことになる気がする。僕が思ってることは、東北各県が復活するときに、僕らがいままで思っていた場所じゃなくなってる、いうなら、、奥州藤原みたいなのが復活してるんですけどこれなんですか!(それって僕にとってはインディペンデントなことなんだ)みたいな、そのぐらいのことが起きるようにしないと、地震で起きた被害を取り戻して、もともとの衰退していく一途の東北ブロックにめでたく戻りました、みたいになる気がするんだ。

だから次、ちょっとそのコトも話してもらえたらと。私はその「新しい公共」が手本とするやり方の「公私分担のルール(基準)」とそれに基づく相当な設計図について、頑張って整理してみるわ。
「古いものなんだろうけど、一周回って新しい公共」リストほしい。

答えになったかなあ…とにかく、なんかその、インディペンデントって言葉は、その「古くて新しいもの」の「新しい」ほうの示唆になり得るんじゃないかって気がするんだ。

「新しい公共」とは、私の理解が正しければ、政府の失敗と市場の失敗を市民、NPO、公益法人という社会起業で解決する時代がくる、これは新しい担い手の到来であり、新しい価値社会がやってくる

これ覚えてる?西本さんの2回目に書いてたテキストなんだ。政府と市場の失敗を、政府と市場以外の誰かが解決する、そんなの当たり前だし、何も言ってないのと同じじゃない?じゃあ誰が、どんな特性で、ってことは語られてない。そこにインディペンデントな存在、ってのがハマるんじゃないなあ、そんな気がするんだけど、どうかねえ?僕の願望すぎるかな。。

広告

寺井元一/teraiman について

株式会社まちづクリエイティブ代表取締役。 NPO法人KOMPOSITION代表理事。 1977年、兵庫県生まれ。2001年、早稲田大学政経学部卒業のあと、同大学大学院に進学(のち中退)。2002年にNPO法人KOMPOSITIONを設立。 渋谷を拠点に若いアーティストやアスリートのため、活動の場や機会を提供する活動を始める。横浜・桜木町の壁画プロジェクト「桜木町 ON THE WALL」や、渋谷・代々木公園でのストリートボール大会「ALLDAY」などのイベントを企画運営してきた。 2010年、株式会社まちづクリエイティブを設立し、クリエイター層の誘致により松戸駅前エリアの活性化を目指す「MAD Cityプロジェクト」を開始。 多目的スペース「MAD City Gallery」開設、「松戸アートラインプロジェクト」の運営にも携わる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中