アートプロジェクトはどこに行く1/寺井→中島

中島くん

おつかれさまです、寺井です。
このまるで何だかわからない企画に付き合ってもらって、ほんとありがとう。

このトークをやろうと思ったのは、もともと僕って厳密にはアートの人でもなんでもなくて、渋谷でNPOつくって活動していた壁画、というよりストリートアート、もっと言えばグラフィティライターの人たちとのプロジェクトから始まってて。それってアートだと思ってる人も世の中一般にはいるけれど、美術業界ではあまりそうは思われてない。もちろんアートプロジェクトがどうとかの話も関係ない。

なんだけど、ビルのオーナーや壁のまわりの住民と話して、壁画をやるライターやペインターと話して、という行為はアートプロジェクトをやってる側とかなり近いものだったし、アートプロジェクトのことなんて考えてない僕が「この壁画は誰のためにあるのか、アーティストのためなのか、地域のためなのか、行政のためなのか」とかずっと考えてたんだよね。その時は「アーティストのためにやってる」って答えを出してた。

それでこの2年ぐらい松戸で MAD City プロジェクト やるようになって、壁画も松戸でなんだかんだやらせてもらって。アートプロジェクト、「松戸アートラインプロジェクト」もやるようになって、今は「地域のためにやっている」って方向に変わってるのね。

なんかグルッと回って、自分のやってきたことや関心や悩みと、アートプロジェクトというこの10年ぐらいでパッケージ化された企画(?)の議論が重なったのが、縁みたいなのがあるんだろうなあと思って。10年ぐらいの歴史で、けっきょくアートプロジェクトってなんなのか、目的が見えないままになってる気もするのね。典型的に、流行るけど廃れるパターンに陥っていると言うか。

それで、立場が違う、アーティストの中島くんと話したら、なんか本質が見えてくるだろうなと思ったんです。

さて、、どこから始めるかなんだけど、実は僕、あんまり中島くんのこと、根堀り葉掘り聞けていないなって思って。中島くんがなんで、アートプロジェクトとともに生きる感じのアーティストになったのか、最近は何やってるのか、教えてもらえないでしょうか?!もちろん僕にあれこれと質問?してもらうのも是非!

広告

寺井元一/teraiman について

株式会社まちづクリエイティブ代表取締役。 NPO法人KOMPOSITION代表理事。 1977年、兵庫県生まれ。2001年、早稲田大学政経学部卒業のあと、同大学大学院に進学(のち中退)。2002年にNPO法人KOMPOSITIONを設立。 渋谷を拠点に若いアーティストやアスリートのため、活動の場や機会を提供する活動を始める。横浜・桜木町の壁画プロジェクト「桜木町 ON THE WALL」や、渋谷・代々木公園でのストリートボール大会「ALLDAY」などのイベントを企画運営してきた。 2010年、株式会社まちづクリエイティブを設立し、クリエイター層の誘致により松戸駅前エリアの活性化を目指す「MAD Cityプロジェクト」を開始。 多目的スペース「MAD City Gallery」開設、「松戸アートラインプロジェクト」の運営にも携わる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中